采芽書架へようこそ。

この町の不思議は、この書架にあります。

『東京都大田区』

東京都23区の最果てにある、愛すべき下町をキーワードに、中編、短編、掌編を書いています。
この土地がささやいた言葉に耳を傾け、自身の妄想を加えて物語を紡ぎあげました。

よりたくさんの方に楽しんでいただけたら、本当にうれしいです。
—————————————————————————-

文学フリマ東京35』に参加いたします。
11月20日 東京流通センター第一・第二展示場において、既刊の頒布をいたします。
新刊もお目通しできる運びとなりました。
今回の新刊、既刊ともに「既刊紹介」から試し読みができますので、是非ご利用ください。
当日はご来場、お待ち申し上げます。

既刊紹介 -PUBLISHED-

こちらは新刊を除き「Amazon Kindle」で配信中です。
また、創作物の総合マーケット「BOOTH」で、文庫版の頒布も始めました。
是非ご覧ください。

群衆の中の猫イメージ
クリックするとサンプルを表示します。

『群衆の中の猫』

文学フリマ東京35出店(新刊)

書籍: 文庫版 (A6)
264ページ (55,235文字)
2022/11/20発行予定

『賢治』イメージ
クリックするとサンプルを表示します。

『賢 治』

第33回文学フリマ東京出店

書籍: 文庫版 (A6)
122ページ (23,928文字)
2021/11/23発行

クリックするとサンプルを表示します。

『-Where do I begin-』
~大田区幻想奇譚異見~

第32回文学フリマ東京出店

書籍: 文庫版 (A6)
156ページ (31,378文字)
2021/5/16発行

大田区幻想奇譚イメージ
クリックするとサンプルを表示します。

『大田区幻想奇譚』

第31回文学フリマ東京出店

書籍: 文庫版 (A6)
152ページ (32,679文字)
2020/11/22発行